にんにくの凄さをみんなにご紹介!!

すごいぞ!!にんにく卵黄 にんにく卵黄に関する情報 にんにく卵黄とは にんにく&卵黄の効能 にんにく卵黄の摂取方法 にんにくと相性が良い食材 にんにくの種類 サプリメントとは? 健康食品とは?
すごいぞ!!にんにく卵黄
『すごいぞ!!にんにく卵黄』はリンクフリーです。もし良ろしければたくさん紹介してください!もちろん、リンクの許可等は必要ありません。バナーはご自由にお使い下さい。

サプリメントとは?

ここ何年かで日本でもよく聞かれるようになった「サプリメント」とは一体なんでしょう・・・。なんだか体によさそうなものというイメージはありますが、どんな定義のものなのかご存じない方も多いかもしれません。サプリメントとは英語のSupplementのことです。食事を補う、栄養補助食品のことです。米国では、1994年に成立したDSHEA法によって「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」として明確に定義され、形状は錠剤(タブレット)やカプセル、パウダー状、ソフトカプセル、液状など、通常の食べ物の形以外のものとされています。医薬品と食品の間に立つ別のものとして明確に定義がなされているのです。そのため各種サプリを個人輸入する人も増えています。

サプリメントの種類

どのような目的で飲むのか、サプリメントは大きく分けて2種類あります。

日常的に摂るべきサプリメント

毎日の食事に加えて日常的にとるべきサプリメントで、「マルチビタミン」「マルチミネラル」のサプリメントなどがこれにあたります。ほとんど全ての人にとって必要なサプリメントであるといえます。本来は食事で補給できるはずの栄養素ですが、現代人のカロリー過多な食習慣や土壌の悪化により素材自体の栄養価が減少しているため、通常の食事だけでは十分な量を補うことができないというのが現状です。

コンディションや目的に応じて摂るべきサプリメント

通常の食生活では摂ることができない成分を、その人のコンディションや目的に応じて補給するサプリメントで、ハーブサプリメントや機能性成分サプリメントがこれにあたります。 「マルチビタミン」「マルチミネラル」のサプリメントがほとんど全ての人にとって毎日摂る必要があるのに対して、こちらは時と場合に応じて使い分けが必要です。ハーブは太古より薬草として民間療法に用いられてきたものも多く、ドイツなどでは医師によって処方されているほどはっきりとした効果が現れるものもあります。

このように効果が強いため、医薬品ほどではないにしても、副作用的な効果が発現する可能性もあります。使用量や飲み合わせには十分注意を払ってください。徐々に量を増やして様子を見ながら飲むことで、多くの場合は問題を回避できます。

サプリメントの正しい摂り方

基本はベースサプリメント

サプリメントには、たくさんの種類がありすぎて、どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。まず基本としておさえて欲しいのが、1日に身体が必要とする基本の栄養素をバランスよく組み合わせたベースサプリメントです。「ベースサプリメント」や「マルチビタミン」「マルチミネラル」といった名称で店頭に並んでいます。ベースサプリメントはその名の通り、からだの土台(ベース)を整えます。ベースサプリメントを摂ったうえで、身体の調子や改善したい不調に合わせたサプリメント「オプショナルサプリメント」を摂ると良いです。

ベースサプリメントのポイント
ビタミンB群やビタミンCといった水溶性のビタミンは、多量に摂取してもすぐに尿中に排泄されるので過剰摂取の心配はないのですが、ビタミンAやビタミンD、ビタミンEなどの脂溶性ビタミンは、摂りすぎると脂肪に蓄積し、身体の調子を整えるどころか、逆に過剰症になって体調不良を引き起こすこともあるため、摂取量に注意を払う必要があります。その点、ベースサプリメントなら、1日に必要な量がバランスよく配合されているため、脂溶性ビタミンを摂りすぎる心配がありません。

ベースサプリメントの注意点
基本はバランスのとれた食事です。食事をした上でサプリメントは栄養補助として摂ります。

主なオプショナルサプリメント

身体の悩みや体調に合わせてベースサプリメントに加えて摂るべきオプショナルサプリメントを紹介します。

アンチエイジング
◆抗酸化作用のあるサプリメント
コエンザイムQ10、アセチルLシステイン、αリポ酸

◆皮膚の健康をサポートするサプリメント
ヒアルロン酸、ビタミンC、亜鉛、コラーゲン

◆男性のためのサプリメント
亜鉛、のこぎりやし、いちょうの葉(ギンコビローバ)、マカ
DHEA、プレグネノロン(ホルモン系)

◆女性のためのサプリメント
大豆イソフラボン
DHEA、プレグネノロン(ホルモン系)

◆脳の働きを活発にするサプリメント
いちょうの葉(ギンコビローバ)

ダイエット
◆コレステロール代謝のためのサプリメント
ナイアシン

◆ウエイトコントロールのためのサプリメント
ガルシニア、L-カルニチン

身体の調子を整える
◆デトックス作用があるサプリメント
DMSA

◆酵素の働きを補助するサプリメント
ケルセチン

◆免疫力をアップするサプリメント
インドール-3-カルビノール

◆腸内環境を整えるサプリメント
乳酸菌、アシドフィルス、食物繊維

◆睡眠改善のためのサプリメント
メラトニン、バレリアン

自分に合ったサプリメントを選ぼう

自分の身体に最適なサプリメントを選ぶには、専門家の指導を受けるのが一番です。サプリメント指導をしている医療機関や管理栄養士、サプリメントアドバイザーがいるサプリメントショップで指導を受けると良いです。抗加齢医学(アンチエイジング医学)に基づく治療を実施している医療機関では、抗酸化度、血管老化度、筋肉量、体脂肪量、骨量、ホルモン量などを測定し、医師や栄養士が患者の状態を聞いたうえで、摂るべきサプリメントの種類と1日の摂取量を指導しています。(医療機関によってはサプリメント指導を実施していない場合もあります)

サプリメントの飲み方

サプリメントは、空腹時に飲むと強い胃酸の影響を受けてしまうので、空腹時に飲むよう指導されたサプリメントを除き、食事中や食後に飲むようにしましょう。また、サプリメントにも飲み合わせが悪いものがあります。ホルモン系のサプリメントは、医療機関でホルモン量を調べて医師の指導の下に補いましょう。

◆一緒に飲んではいけないサプリメント
セントジョーンズワートとバレリアン
朝鮮人参といちょうの葉(ギンコビローバ)

◆飲みすぎるとよくないサプリメント
脂溶性ビタミン……ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE

◆医師の指導のもとに飲むべきサプリメント
ホルモン系サプリメント……DHEA、プレグネノロン、メラトニン